先輩社員インタビュー

飯泉悠紀(2013年入社)

たくさんの興味がある自分と、幅広い分野を持つNSW

「お金を扱う金融や不動産からIT業界まで」が、私が就活で企業研究した範囲です。
経済学部だったので、専攻云々よりも、「自分が興味を持てる」ことを基準に業界を選択。
そんな中で、子供のころからPCが身近にあり、趣味としてPCを使いこなしていたこともあって、IT業界に大きく興味を抱きました。

NSWを志望した決め手は、「ソフト分野からハード分野まで幅広い分野で活躍している」ことと、「独立系でしばられることなくさまざまな業種の仕事を手がけている」こと。
「ここでなら、いろんな経験ができるんじゃないか」と思って入社しました。
入社してからを振り返ってみると、当社がクラウドから小売業POSまで多くの分野に携わっていることがわかり、とても刺激的に感じています。

止まらないネットワークを構築せよ

担当しているのは、玩具メーカーのCRM(Customer Relationship Management=顧客情報管理)システムの基盤づくり。
お客様と共に、アプリケーションを開発するNSWのWEBサービス部からくる要件を満たすためのインフラを整えることがそのミッション。
先輩社員と一緒に、お客様のネットワークインフラの設計、構築を行っています。

その要望は結構ざっくりとしていて、「止まらない」「冗長化(障害に備えた対策)」「バックアップ」といったもの。
それを設計から構築、設定までを提案し、アプリケーションの要件を満たすように最適化していきます。
要望を実現する方法論については任されているので、新しいハードや新しいソフトの導入も検討しながら、最もパフォーマンスが良い方法を模索し、提案しています。

思ったとおり動いたときの喜び

新しいハード、ソフトの導入にあたっては社内にもノウハウがありません。
そんなときは「勉強あるのみ」です。
自分で調べて、勉強して、試行錯誤した上に、思ったとおり動いたときには大きな喜びがあります。
また、私が所属するネットワークサービス部は比較的お客様とも近い部署でもあり、最近では定例会にも出させていただいて、自分が役に立っている実感がありますね。
直面する問題や今後の課題もお客様と直接お話しすることが多いので、責任感を持って仕事をしています。

「会社で勉強するより展示会へ行け」

IT業界の成長は早いですね。
私は、まだまだ勉強することばかりなのに、次々新しいテクノロジーが登場します。
最近では仮想化技術の進歩が目覚しい。今携わる物理的なハードウェアは減っていくかもしれません。

ですから、ウチの部署では、EXPOや展示会、勉強会に参加することを奨励しています。極端な話、社内で仕事しているよりも外へ出ている時間が多いときもあるくらい。
新サービスや次世代テクノロジーについて、知識を貯め、製品を見つけ、持ち帰ってお客様へのサービスに適用できないか研究・検証する。それが私たちの技術力やナレッジの向上につながるんです。

自分としては、セキュリティなどの他の分野についても勉強したい。
幸い、私の周りにはIT好きがいっぱい。「この分野ならあの人に聞け」といったスペシャリストがたくさんいます。

Schedule

09:00 出社 メールをチェック
10:00 チーム内ミーティング 案件や提案状況の確認
11:00 既存案件の保守作業
12:00 昼休憩(オフィスそばのレストランでランチ)
13:00 新規案件の資料、見積書作成
14:00 お客様先へ移動
16:00 展示会で見つけた新技術について
ベンダーと打ち合わせ
17:00 提案資料作成
18:00 残務処理
18:30 退社

Off Time

実は学生時代から典型的なインドア派なんですが、社会人になってから休日は意識して外出するようにしています。
最近は学生時代の友人とアイドルのライブ、フェスに出かけています。集まったファン同士が一体になって応援する雰囲気がとてもいいですね。