先輩社員インタビュー

竹内 健太郎(2006年入社)

少数精鋭のデバイス系エンジニア

大学の電子システム工学科では電子・電気回路を専攻。ソフト・ハードともに勉強し、画像検索の研究をしていました。
就活にあたっては学生時代の専攻に拘らず、ソフト開発を中心に考えていて、NSWにもソフト系エンジニアとして応募。
そんな中、「デバイス系のエンジニアをやってみないか」と声をかけていただいて、早速調べてみると、なんとNSWはソフト系だけでなく、デバイス系、サービス系まで幅広い分野で活躍しているではないですか!
中でもデバイス系エンジニアは少数精鋭で取り組んでいるとのこと。自分の手に職をつけるつもりで飛び込んでみました。

デバイス系エンジニアとして自分の価値を高めたい

実際に仕事をしてみて感じたのは、学生時代の勉強ではまだまだ足りないということ。ただ、周りには各分野の専門家がたくさんいますし、個人の課題もグループの課題として取り組んでくれ、「まずはやってみよう」と職場全体で育ててくれる風土があります。日々の成長が実感できますね。
これからもデバイス系エンジニアとして、自分自身の価値を高められるよう取り組んでいきたいです。

ノイズの修正はハードでしか直せない

「Wi-Fi、GPS、ワンセグの通信中にノイズが発生」。それをテストし、改善するのが私の仕事です。

具体的には、スマートフォンなどに組み込まれるデバイスからのノイズの影響があるかの通信感度のテストを担当。
ソフトウェアにより数々のデバイスを動作させ、試作機を使って要求された特性が満足しているか確認し、問題があればノイズに効果のある対策(フィルタ、コンデンサ等の部品対策)を盛り込んでいくのです。
原因不明のノイズが発生した場合は切り分けを行い、何故そうなるのかをカットアンドトライを繰り返しながら原因を究明していきます。

ツボを押さえるとレイアウトを少し変更するだけで目に見えて改善されていくのが面白いところ。
対策のノウハウは多分に経験則によるところが大きいのですが、ノイズの抑制はハードによってしか直すことができない。そこがデバイス系エンジニアとしての腕の見せどころなんです。
改善がうまくいったときはエンジニア冥利に尽きますね。

デバイス系エンジニアの魅力と難しさ

デバイス系のエンジニアって、レイアウトやデザインにおいて幾何学的なセンスを要求されるんです。
無駄のない回路は実はとても美しい。部品がきれいに配置されている回路では性能にも違いが現れます。
そこがデバイスに携わる魅力のひとつだと思っています。
一方でソフトウェアと違って、エラーがあった場合に、後から修正プログラムで直せるものではありません。ミスは製品の回収につながってしまいます。そういう意味ではやりがいと共に緊張感を持って取り組んでいます。

自分たちが手に触れるものを送り出す

デバイス系エンジニアとは、実際に動く製品を責任もって世に送り出す仕事。
概要設計から、詳細設計、試作と評価を繰り返し、製品化にいたるプロセスが長いからこそ、すべての項目の値をクリアして納品になったときは感慨深いものがあります。
自分が携わったプロジェクトが製品となって世に出ていくことに、この仕事の醍醐味を感じます。

Schedule

09:00 お客様先へ出社 メールで測定依頼をチェック
10:00 評価業務 電波感度を測定
12:00 オフィスビルのレストランでランチ
13:00 グループミーティング 現状の課題を共有
15:00 午前中の評価を報告
15:30 書類作成
17:30 残務処理
19:00 退社(ピーク時だと22:00まで残業することも)

Off Time

プロジェクトが一段落したときにNSWホリデイを活用して国内旅行をしています。
これまで、長野、京都、大阪と行ってきました。
先日は尊敬する漫画家の講演を聞きに仙台までバス旅行をしてきました。