NSW Humanware By Systemware

最新情報

NSW、スマートホーム&セキュリティのIoTサービスを提供開始

~イスラエルESSENCE社と家庭用セキュリティ製品の販売代理店契約を締結~ 2016年3月10日

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、イスラエルESSENCE SECURITY INTERNATIONAL 社製スマートホーム&セキュリティサービスの日本における独占的販売代理店契約を締結し、今年4月より「Toami@Home(トアミアットホーム)」としてOEM提供を開始します。

「Toami@Home」は、スマホを使い住宅内の環境をモニタリング、管理できるサービスです。宅内に設置したセンサやカメラで侵入や異常を検知し通知したり、外出先から家電や照明の操作、鍵の開閉などのホームオートメーションを手軽に実現できます。在宅時間が短い少数世帯や遠隔地の高齢者単身世帯の防犯・見守り対策などに適しています。

NSWは住宅メーカーや通信キャリアなどの販売パートナーにOEM提供を予定しており、NSWの提供するIoTクラウドプラットホーム「Toami」をはじめとする各種システムとの連携やホームオートメーション機器追加などによる高付加価値サービスの展開を支援します。

「Toami@Home」サービス構成

201603_toami_at_home.png

なお、本製品はオープン価格(最少構成で約2万円~)で、ホームゲートウェイ1台あたり月額約1千円程度のサービス利用料がかかります。販売パートナー経由で、初年度1万セットの販売目標を予定しております。

「Toami@Home」の特長

・簡単なセットアップ
 業者による取付工事や工具が不要で、各種機器とクラウドをつなぐホームゲートウェイを自宅のインターネット環境に接続するだけで、クラウド上のサービスとの通信を開始します。
・接続機器の豊富なラインナップ
人感センサ、ドアセンサ、カメラ、漏水検知器、防犯サイレンなどに加え、無線通信プロトコル「Z-Wave」に対応したサードパーティー製のデバイスも接続できます。また、API(アプリケーションプログラムインターフェース)機能により、各種システムとの連携も可能です。
・高いセキュリティ
停電や災害時でも警備を継続できるよう、バッテリーによる電源確保やSIMカードによる通信機能の二重化を実施。また、独自の暗号化通信やセンサの不正取り外し検知、クラウド上でのデータ管理など、高い安全性を確保しています。

関連リンク

Toami@Home
IoTクラウドプラットフォーム「Toami」

ESSENCE SECURITY INTERNATIONAL社について

1994年にイスラエルで創業されたセキュリティ関連事業を展開する会社です。欧州を中心に北米、南米、中東、ロシアなどにセキュリティ製品を展開、アワードも多く受賞するなど、各国で高い評価を得ています。詳細はhttp://www.essence-grp.com/をご覧ください

NSW(日本システムウエア株式会社)について

1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。これらの実績を 生かし、ITリソースを提供するだけでなく、監視・運用などのデータセンターソリューションや移行設計などのインテグレーションを含めた幅広いサポートを 提供するクラウドコンピューティングサービスも実現しています。また、オートモーティブや通信分野などの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの 設計開発も手掛けています。

お問い合わせ先
サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
ITソリューション事業本部
ビジネスイノベーション事業部
クラウドサービス部:遠藤、野嶋
TEL:03-3770-0046
FAX:03-3770-0011
E-mail:cloud@gw.nsw.co.jp
お問い合わせフォーム:https://www.nsw-cloud.jp/cloud/inquiry/

報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室広報担当:河岸、太田
TEL:03-3770-4014
FAX:03-3770-4953
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp