NSW Humanware By Systemware

最新情報

NSW、エッジAIソリューションによる会議室モニタリングシステムを提供開始

~IoTセンサとLPWAにより近距離拠点間の情報を集約~ 2018年5月7日

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、IoTセンサとLPWAを活用したエッジAIソリューションにより、会議室の利用状況を可視化するモニタリングシステムを本日より提供開始いたします。

近年、社内の会議室予約システムは、グループウェアなどの機能に含まれることも多く、広く普及してきていますが、予約通りに会議室が利用されているかどうかを全時間帯にわたり確認するのはなかなか困難なのが現状です。

そこで本システムでは、エッジデバイス内でデータ分析を行うエッジAIソリューションにより、入退室状況の把握だけでなく、温湿度や照度、音圧などを測定するIoTセンサから収集したデータをもとに作成した独自アルゴリズムによって、会議室の雰囲気や活性度といった環境情報も可視化します。また、入退室状況の切り替えの際に利用者が特別な操作をする必要がないため、予約をして実際に会議室を利用しない空予約だけでなく、予約せずに会議室を利用する無断利用の実態もセンサデータから検出可能です。

会議室モニタリングシステムのイメージ図

20180507_room_monitoring.png

本システムの構成は、会議室内に当社の組込みソフトウェア型評価パッケージ「Edge Device Controller」を搭載したエッジデバイスと数種類のIoTセンサを設置し、BLEやEnOceanなどの無線通信技術により個室単位での環境情報を可視化します。さらにエッジデバイスとLPWA(Low Power, Wide Area)を連携させることにより、LPWAの送受信が可能な数km範囲内の拠点間の会議室情報であれば、通信回線を使わずに送受信することができます。

今後NSWでは、利用するIoTセンサの数や種類を調整することにより、会議室以外の個室環境や地域間でのデータの集約に展開し、様々な企業の業務効率化に貢献してまいります。なお、本システムは、5月9日(水)~11日(金)に東京ビッグサイトで開催されるJapan IT Week春「組込みシステム開発技術展(ESEC)」(ブース番号:西18-1)に出展します。

関連リンク

会議室モニタリングシステム
Edge Device Controller(エッジデバイスコントローラー)

NSW(日本システムウエア株式会社)について

1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。また、オートモーティブや通信分野などの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かし、IoTクラウドプラットフォーム「Toami」を中心とした、IoT/M2M分野の各ソリューションやサービス提供に注力し、IoTインテグレータNo.1を目指します。

お問い合わせ先
サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
プロダクトソリューション事業本部
営業統括部 第二営業部:荒木、松澤
TEL:03-4335-2610
E-mail:Embedded-Info@gw.nsw.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp