NSW Humanware By Systemware

最新情報

NSW、AIを活用した動作分析サービスの提供を開始

~業務実績をAIで自動記録し、働き方改革の推進に貢献~ 2018年5月8日

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、AIソリューション「Toami Visionシリーズ」の第四弾として、AIを活用した動作分析サービス「MotionVision(モーションビジョン)」を今夏より提供開始いたします。

「MotionVision」は、ウェアラブルセンサを身に着けた人の動作を遠隔で把握し、作業日報や勤怠記録を自動で記録できるサービスです。業務中はスマホアプリを起動しておくだけで、業務実態の確認だけでなく異常事態の検知などがインターネットでどこからでも閲覧可能なため、簡単かつ安価にサービスの開始が可能です。また、ベテランの動きを参考にした作業レベルの向上や標準化を図ることで、業務全体の効率化につながり働き方改革の推進に貢献します。

「MotionVision」の概要

20180508_motionvision.png

ターゲットは、業務実態の正確な把握が難しいとされる介護サービス、交通誘導、荷物運搬、チラシ配り、清掃など多岐にわたります。これらの業種業態に応じた様々な動作をAIに学習させ、ウェアラブルセンサ連動のスマホアプリから取得した動作情報を、NSWが提供するIoT向けビッグデータ分析・予測サービス「Toami Analytics」で分析することにより、業務実績の正確な記録を行います。
今後もNSWは、AIを活用した分析サービスを拡充し、お客様の働き方改革の推進に貢献するサービスを提供してまいります。

なお、本サービスは、5月9日(水)~11日(金)に東京ビッグサイトで開催されるJapan IT Week春「IoT/M2M展」(ブース番号:西4-46)に出展し、「手を振る」「名刺交換」などの一般的な動作をウェアラブルセンサで検知し、リアルタイムで確認するデモンストレーションを実施します。

「Toami Visionシリーズ」について

IoTセンサとAI分析を活用し、特定のモノや動きを認識する分析ソリューションです。お客様専用のアルゴリズムを搭載するため、幅広い業種業態に適応可能です。これまで数値化が難しいとされてきたモノ・コトを、カメラや加速度センサを利用したIoTセンサをインターネットにつなぐことで可視化し、AIシステムによりリアルタイムで分析します。NSWは、IoTシステム構築技術を生かし、お客様が簡単に利用できるクラウドサービス(※)を提供しています。
※データの収集/クレンジング/分析/アルゴリズムのシステム化/リアルタイム処理が含まれます。

関連リンク

IoT向けビッグデータ分析・予測サービス「Toami Analytics」

NSW(日本システムウエア株式会社)について

1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。また、オートモーティブや通信分野などの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かし、IoTクラウドプラットフォーム「Toami」を中心とした、IoT/M2M分野の各ソリューションやサービス提供に注力し、IoTインテグレータNo.1を目指します。

お問い合わせ先
サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
サービスソリューション事業本部
ビジネスイノベーション事業部
IoTビジネス部:野嶋、金丸
TEL:03-3770-0017
E-mail:m2m@list.nsw.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp