先輩社員インタビュー

河瀬潤(2008年入社)

WEB関連ビジネスをやりたくて

ちょうどネットビジネスの部署をつくるところだったんです、私が入社したのは。
小学校のころからPCには触れていて、学生のころにはPCはもう生活の一部になっていましたから、「WEB関連の仕事をしたい」と思ったのは自然の流れでした。

そんな中、「独立系で幅広い分野を手がけていて、新しいことにもチャレンジしている会社」としてNSWを志望。
入社当初はWEBサイトのプログラミングを担当し、おもちゃメーカー、携帯キャリア、生活雑貨、スーパー、倉庫業などさまざまな業種のWEB構築に携わりました。
そういう意味では、「いろいろな企業のWEBに携わる」という希望が実現できています。

新製品のサイクルに対応

現在は、電鉄系の企業のインフラ設計を担当。およそ100台を有するデータセンターにおいて、ルーターからストレージ、サーバー本体までの設計と構築を行っています。
インフラを担当していると、ハードウェアやミドルウェア、ソフトウェアの製品の入れ替わりが激しく、新しい製品に関して勉強の毎日。
最近では新しいSQL Serverに取り組んでおり、暗号化技術やセキュリティ面の機能が向上したこの新製品を、お客様の個人情報を扱うサーバー向けに導入を進めています。
こうやって、お客様のニーズに合わせ、最適なインフラを提供できるよう日頃から情報収集することがとても大切。
ただ、すべてについて知る必要はありません。細かな部分は専門家がいるわけで、大まかな特徴と処理の流れをつかんで、お客様への導入にふさわしいか否かを判断することが重要なのです。

自分ひとりでは限界がある

仕事をする上で気をつけているのは、周りの人を巻き込んでことにあたることですね。
自分ひとりでできることには限界があるわけですから、できるだけ多くの人で対処することが重要なんじゃないかと。
幸い、NSWにはさまざまな分野の知識を持った人が多くいるわけですから、NSW全体で対応していけるようにしたいです。
そのためには普段の関係づくりが大切。日頃から、その知識人脈を構築しておく必要がありますね。

「あの先輩」に追いつけ追い越せ

実は、こういうことをいうのも、身近にいいお手本がいるから。
遅れているプロジェクトにその先輩が関わると、人を増やしたり、関係部署の人を動かしたり、お客様をも動かして一気に進捗する。とにかく人を動かす力が強いんです。
結果的に、社内からもお客様からも、「あの人がいるなら安心」という絶大な評価をいただいています。
私も、周りを「巻き込む力」を身につけて、もうワンランク上の仕事ができるようになりたいと思います。

Schedule

09:00 お客様からの進捗や意識合わせのメールチェック
目を通すだけで30分かかります
09:30 1日のタスク整理  インフラに触れるので何をしたのか履歴を残すことが大切
10:00 OSまわりを設定、評価し詳細設計
12:00 昼休憩(駅近辺の店でランチ)
13:00 評価課題整理
13:30 進捗確認
14:00 サポート問い合わせ
16:00 新しく導入するOSの調査
17:00 お客様向け資料作成
18:00 報告書、タスク整理
18:30 退社

Off Time

先輩や同期と伊豆や箱根にツーリングに出かけています。
愛車は名車CB400SF。システムと一緒で、自分で動かしている実感がいいですね。
いつかNSWホリディを利用して、1週間ほど北海道をツーリングしてみたいです。