顧客のニーズと、NSWのシーズをマッチング 〜高性能laaSサービス “BlueSpider”〜

高性能laaSサービス “BlueSpider”

 NSWでは早い時期から仮想化によるシステム構築を提供しはじめ、クラウド環境も自社サービスとしてラインナップしている。基幹系システムやデータベースにも適用可能な堅牢で信頼性の高いクラウド環境を提供するNSWの高性能laaSサービス“BlueSpider”の運用開始を主導した一人が遠藤重樹リーダーであり、“BlueSpider”上で動作するWEBアプリケーションを開発しているのが坂口真亮主任と谷戸美帆主任だ。
 彼らは“BlueSpider”というクラウド環境にどう関わり、どこに進んでいこうとしているのか? 

“BlueSpider”イメージ図

蓄積した仮想化技術の高度化が生んだ“BlueSpider”

 “BlueSpider”はパブリッククラウド環境でありながら従来通りの総合的なインテグレーションサービス(プランニング、構築、移行)も提供する信頼性の高い仮想基盤として、官公庁や金融機関、大手メーカーなどで多数導入されている。
 2009年のサービス立ち上げにあたり、その技術的側面を支え、企画、設計、実装を行ったのが遠藤だ。
 「2000年台後半からお客様がシステムをリプレースする際、顧客サーバ内で仮想化してリソースを有効活用できないか、という考え方が持ち上がってきました。そこで、まずは1社1社システムを仮想化していたのですが、次第に仮想化の技術が高まり、実績を重ねていくなかで、個別に仮想化するより自社のサービスとして包括的に提供してはどうだろう?と気づいたのです」と遠藤は当時を振り返る。
 顧客ごとにインフラを整えるより、NSWのサーバセンターを活用してクラウドサービスを提供することで顧客のインフラコストと納期の圧縮を図り、なおかつ自社に顧客を囲い込む、という戦略だ。
 NSWのビジネススピードは速い。ひとつのプロジェクトで採用されると、それが成功事例となり、導入実績を積み上げることで“BlueSpider”はNSWの戦略的サービスブランドとして定着していった。

ニーズとシーズをマッチさせる開発の役割

 だが、自社のリソースを活用するという視点からいえば“BlueSpider”は、ある意味シーズから生まれたサービスであり、顧客側のニーズとマッチしなければ普及、定着はしなかったのではないか。
 「たしかに、アプリケーションを開発する我々にとっても“BlueSpider”は単なる環境のひとつに過ぎません。お客様のニーズと違えば別の環境を提案します。しかし、自社インフラにこだわらないお客様であれば、コスト、納期、セキュリティーといった観点からインフラ込みのワンストップサービスとして“BlueSpider”をご提案するようにしています。実際お客様の反応はいいですね」と坂口。こうしてニーズとシーズは融合し、導入先が増えてきた。
 「最近はクラウドを前提に開発を依頼されるお客様も多く、その場合は『いいクラウド環境がありますよ』(笑い)という感じで“BlueSpider”を提案しています。実際ハードウエアなどのインフラをお客様側で揃えなくていいので、トータルでの納期が大幅に短縮されますから、その点では喜んでいただいています」と谷戸。具体的にはハードウエアを揃えるのに数ヶ月はかかるだろうと思われる案件が、“BlueSpider”を採用することで2~3日で済んだ、といった事例もあるという。

主役である開発を下支えする“BlueSpider”

 「先端技術といってもあくまで主役はそこに実装されるアプリケーションであり、“BlueSpider”はそれを支える黒子・脇役に過ぎません。開発側に意識されないほうがいい環境なのだと思います」と、遠藤は裏方であることを強調する。
 開発の側からはどうか、坂口が語る。「たしかに開発の仕事自体は“BlueSpider”で何が変わったということはありませんが、実際の開発に入る前に必要な段取りがグンッとスピードアップしました。特にスモールスタートができるのでサイジングが簡略化できるのは大きいですね。また、なにか問題が発生しても、当事者が同じフロアにいますので開発側、インフラ側が同時にお互いの立場から素早く検証して解決することができるようになりました。お客様への提案前には遠藤さんのところへよく相談に行きます」
 “BlueSpider”は顧客のシステムだけでなくNSW内部のさらなるスピード化ももたらしたのだ。

“BlueSpider”の今これからの自分

 遠藤は、この業界に入って15年というベテランである。
 「最先端技術を駆使してNSWの新しいサービスを創造できるのがこの仕事の面白いところですが、“BlueSpider”はもう定着し、インフラのレイヤー(機能の階層)は既にコモディティ化(機能・品質面での特性が不明瞭化し、差別化しにくくなること)しているので、今後はインフラレイヤーだけでなくビックデータなどのより上位レイヤーにもフォーカスしていこうと情報収集を進めています」と遠藤。これとは逆に、開発など上層のレイヤーが下に技術をシフトし、ビックデータのレベルで両方のフォーカスが合うのではないかと予測する。
 そろそろ中堅クラスとなり、今後の活躍が期待される坂口は、
 「WEBサービス部という名称である以上、なんらかの技術資産を保有し、そこから売れるサービスとして提供していくことがミッションだと思っています。現在、それを真剣に模索中です」と、自覚を新たにしている。
 そして、坂口と同期の谷戸は、仕事と自分の今後についてこう語る。
 「最初は自分の関わったサイトがアップされるだけでうれしかったのですが、いまではフロントに立ってお客様と一緒にシステムを開発していくことにやりがいを感じています。今後は新しい技術を探すことはお二人にお任せして(笑い)、既にある技術だけどまだ私が習得できていない技術を得ていきたいですね」
 遠藤、坂口、谷戸。“BlueSpider”という大きな舞台の上で仕事をするという共通点を持ちながらも、それぞれの立場と役回りで、自分とNSWの未来を見据え、次のイノベーションへ向けて走り続ける。