NSW Humanware By Systemware

最新情報

NSW、英Arm社とArm Approved Design Partner契約を締結

~ArmベースSoC開発を加速し、付加価値向上を支援~ 2018年11月6日

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、9月27日に英Arm社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区、以下Arm)と日本企業では1社目となるArm® Approved Design Partner契約を締結したことを本日お知らせいたします。

Armは、世界有数の半導体IP企業です。モバイル向けではシェア90%を確立しており、スマートフォンやタブレット以外にIoTや自動車といった成長分野でもシェアを伸ばしています。Arm Approved Design Partnerプログラムは、Armの監査によりプロセス、品質基準、財務安定性における信用性が確認された企業に認定されるものです。Armと緊密なパートナーシップを築くことにより、Armからの最新情報とサポートが提供されます。

本契約により、NSWはArmプロセッサIP、ツール、モデル群の使用が可能となり、ArmベースのSoC(System-on-a-chip)開発において、市場投入までの開発期間短縮が実現できます。また、セキュリティIPを搭載することで、より強固なセキュアシステムの提供も可能となります。

NSWは2002年よりArm認定パートナーとしてArmプロセッサコアを使用したLSI開発を行ってきました。2017年12月にはArm® Mbed™ Partnerに認定され、Arm Mbedと連携したIoTトータルソリューションとして、LSI・デバイス開発からネットワーク構築、データ解析、サービス運用までワンストップで提供しています。デバイス開発の初期段階からIoT向けに最適化し、迅速な実証実験環境の構築、IoTサービスへのスムーズな移行・展開などをサポートします。

今後もNSWは、これまでのArmベースSoC開発の実績をもとに、お客様の新たなデバイス開発サポートや付加価値向上の実現に努めてまいります。

20181106_Arm.jpg

関連リンク

IoTトータルソリューション
Arm Approved Design Partner

Arm® Mbed™ Partnerについて

Arm Mbed Partnerは、大規模な商用IoTデバイスの開発、展開を可能にする将来のビジョンを共有し、実現に向けたプランとプロジェクトで協力関係を構築しています。また、プラットフォームへ技術的に貢献し、それらを自分たちのソリューションの中で開発者のために利用したり、マーケティング活動を共に行うなど、エコシステムの一員であることの利益を享受することが可能になります。

※ArmはArm Limited(またはその子会社)の登録商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。© 1995-2018 Arm Group.
※本ニュースリリースに掲載している情報は、発表日時点のものです。

NSW(日本システムウエア株式会社)について

1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。また、オートモーティブや通信分野などの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かし、IoTプラットフォーム「Toami」を中心とした、IoT/M2M分野の各ソリューションやサービス提供に注力し、IoTインテグレータNo.1を目指します。

お問い合わせ先
サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
プロダクトソリューション事業本部
営業統括部 第三営業部:福田、林
TEL:03-4335-2600
E-mail:ml-contact_adp@gw.nsw.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp