NSW Humanware By Systemware

最新情報

NSW、MathWorksのコンサルティングサービスパートナーに認定

~MATLAB®/Simulink®によるモデルベース開発により、 組込み画像処理システム開発の品質と生産性の向上を支援~ 2019年1月21日

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、米国The MathWorks, Inc.(本社:米国マサチューセッツ州、日本法人:東京都港区、以下MathWorks)のConnections Programに参加し、2018年11月5日にコンサルティングサービスパートナーとして認定されたことを本日お知らせいたします。

MathWorksは、数学的計算で業界をリードする世界的なソフトウェア開発会社です。同社の主力製品であるMATLAB®およびSimulink®(※)は、自動車、航空宇宙、通信、エレクトロニクス、産業オートメーションをはじめとするさまざまな業界の研究開発部門において、製品開発のモデリングやシミュレーションに広く使われているツールです。

MathWorks Connections Programは、これらの製品やサービスを開発・販売している企業が参加できるパートナープログラムです。NSWは、長年にわたる半導体デバイス開発の実績があり画像解析および画像処理を得意としています。これらのノウハウを活用したモデルベース開発におけるお客様への導入支援を評価いただき、このたびモデルベース設計による画像処理システム請負開発および技術サポートに関して、コンサルティングサービスパートナーに認定されました。

製品開発の現場では昨今、設計から製品化への工程で手戻りを抑えるために要件定義や設計などの初期工程に重点を置くフロントローディング手法が採用されています。NSWはV字モデルに同手法を用い、MATLAB®およびSimulink®を活用したモデルベース開発ソリューションを提供することで、お客様の組込み機器に搭載されるシステムLSI、マイコン、GPU、FPGAなど半導体デバイスの設計において、高品質かつ高い生産性を確保した技術サポートが可能になります。

NSWのモデルベース開発ソリューション

20190121_MathWorks01.jpg

今後もNSWは、エレクトロニクス分野における組込み画像処理システムに内蔵される半導体デバイスの開発を支援していくと共に、オートモーディブ分野、インダストリー分野、デジタルテクノロジーとの連携・融合により、お客様の事業価値向上に努めてまいります。

20190121_MathWorks02.jpg

※「MATLAB®」はアルゴリズム開発、データ解析、視覚化、数値計算のためのプログラミング環境、「Simulink®」はマルチドメインシミュレーションや、ダイナミックシステムおよび、組込みシステムのモデルベース設計のためのグラフィカル環境です。
MATLAB®およびSimulink®はMathWorksの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

※本パートナー認定は当社のプロダクトソリューション事業本部デバイスソリューション事業部を対象として認定されたものです。

関連リンク

MathWorks Webサイト
MathWorks サードパーティ製品/サービス

NSW(日本システムウエア株式会社)について

1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。また、オートモーティブや通信分野などの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かし、IoTプラットフォーム「Toami」を中心とした、IoT/M2M分野の各ソリューションやサービス提供に注力し、IoTインテグレータNo.1を目指します。

お問い合わせ先
サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
プロダクトソリューション事業本部
営業統括部 第三営業部
TEL:(東京)03-4335-2600 担当:福田
      (大阪)06-4792-1001 担当:三谷
E-mail:ml-MBD-Solution@gw.nsw.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp