NSW Humanware By Systemware

最新情報

NSW、ヤンマーのAI/IoTテストベッドを活用した次世代農業の実証実験に参画

~次世代施設園芸システムのIoTプラットフォームを構築~ 2017年10月10日

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、ヤンマー株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 山岡 健人、以下ヤンマー)が10月から運用を開始した、次世代農業プロジェクトにおけるIoTテストベッド構築事業に参画したことをお知らせいたします。

本プロジェクトはヤンマーが総務省より採択を受けた平成28年度IoTテストベッド供用事業です。ヤンマーは、先進的な農業ビジネスモデルを創出することを目的に、滋賀県米原市にAI/IoTの活用を前提としたIoTテストベッド(実証実験設備)を設置し、農業ICTの加速を目指す様々な企業が利用できる実証基盤として、このたび運用が開始されました。

当社は本プロジェクトの発足時より、IoTプラットフォームに関する先進的な技術を持つパートナー企業として参画し、技術的な検証を行ってまいりました。

今後、本プロジェクトのIoTテストベッドは、ICTの研究開発に取り組む企業の開発・検証先として活用される計画です。当社もIoTクラウドプラットフォーム「Toami(トアミ)」をはじめとしたIoTソリューションにより、本実証実験の活性化に貢献してまいります。

IoTテストベッドのイメージ図

20171010_testbed.png
「Toami」(Powered by ThingWorx)について

IoTサービスを開発・構築するための専用プラットフォームです。収集したデータの見える化や機器制御をはじめ、データ分析などが行えます。デバイス管理やデータ管理、外部連携機能などを網羅したノンプログラミング開発基盤により、開発効率の大幅な向上とコスト削減を実現しています。

ThingWorx (PTC IoTビジネス) について

PTC のIoT(モノのインターネット)事業であるThingWorx は、「モノがインターネットに接続されたコネクティッドな環境」において、アプリケーションの開発と実行を効率的に行うプラットフォームテクノロジーを提供しています。PTCのIoTテクノロジーポートフォリオの中心となるThingWorxは、接続性、デバイスクラウド、ビジネスロジック、ビッグデータ、データ解析、遠隔サービス等のアプリケーションを含む、世界初の完全なIoTプラットフォームを実現しています。この組み合わせは、企業が安全にアセットを接続し、すばやくアプリケーションを開発し、価値を生み出す新たなアプローチを切り開くことを可能にする、包括的なIoTテクノロジースタックを提供します。このテクノロジーを活用し、製造業、エネルギー、農業、輸送、政府関係機関等の幅広い市場における企業や機関が、すでにIoTの可能性を活かす取り組みを推進しています。 Webサイト: www.thingworx.com、www.ptc.com Twitter: @ThingWorx、@PTC

関連リンク

ヤンマー株式会社のニュースリリース
IoTクラウドプラットフォーム「Toami(トアミ)」

NSW(日本システムウエア株式会社)について

1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。また、オートモーティブや通信分野などの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かし、IoTクラウドプラットフォーム「Toami」を中心とした、IoT/M2M分野の各ソリューションやサービス提供に注力し、IoTインテグレータNo.1を目指します。

お問い合わせ先
サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
ITソリューション事業本部
ビジネスイノベーション事業部
M2M/IoTビジネス部:大野
TEL:03-3770-0017
E-mail:m2m@list.nsw.co.jp

報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、清水
TEL: 03-3770-4014
E-mail: kouhou@gw.nsw.co.jp