Interview

社員インタビュー

“世の中で広く使われる
システムを開発したい”

2018年 新卒入社 サービス系エンジニア サービスソリューション事業本部
ビジネスイノベーション事業部
たくさんの興味がある自分と、幅広い分野を持つNSW
私のモノ作りという考え方を変えてくれたIT業界。
もともと絵を描く事が好きだった私は、日頃から文房具を使う機会が多くありました。そこで、自分で利便性の高い文房具を開発してみたいと思い、「モノ作りができる」メーカー系を中心に就職活動をしていました。
IT業界に興味を持ったきっかけは、学内合同説明会でIT系のブースになにげなく説明を聞きにことでした。そこで印象に残っている言葉が“目に見えるものを作る事だけがモノづくりではなく、目に見えないモノづくりがある”という言葉です。モノ作りで世の中に貢献したい私にとって、IT業界で挑戦する事も楽しそうだと思い、幅広く企業を見るようになりました。
その中でNSWを志望した決め手は、「ソフト分野からハード分野まで幅広い分野で活躍している」こと、それから「独立系でしばられることなくさまざまなお客様に対応できる技術力がある」ことでした。
「NSWなら、世の中で広く使われるシステム開発ができるんじゃないか」と思い入社しました。
入社してからNSWの事業内容を知ると、当社がIoTから医療系のシステム開発までさまざまな分野に携わっていることがわかり、将来の可能性を強く感じました。
プログラミング経験がなくてもがシステム開発ができる
初めてプロジェクトにアサインされた案件は、私自身、もともとやってみたかった世の中で広く使われるシステム開発ができる案件でした。
プロジェクトでは、防災関連のクラウド&アプリ開発に携わっています。そもそもプログラミング経験のない私にとってシステム開発のイメージは、黒い画面でプログラムを書くことかと思っていましたが、実際は大きく違いました。今使っているToamiという開発環境は、目に見える形で簡単にシステムを作る事ができるものです。プログラミングが初めての私にとってはこの開発環境は画期的でした。ToamiとはIoTサービスを開発・構築するための専用プラットフォームです。収集したデータの見える化や機器制御をはじめ、データ分析などが行えます。デバイス管理やデータ管理、外部連携機能などを網羅したノンプログラミングの開発基盤です。まずは、クラウドのログイン画面や定型文の表示画面の作成を経験し、基本設計から携わる事ができました。クリエイティブな発想も必要だった為、とても楽しかったです。その後、初めてプログラミング言語を使用し、システム開発やテスト、マニュアル作成といった幅広い経験をさせてもらっています。
始めはもちろん苦労しましたが、チームの先輩・上司の方の手厚いサポートもあり、少しずつスキルは向上し、今ではマニュアルを一人で調べてプログラムを書けるようになりました。入社して1年目ですが、マニュアル作成から基本設計~開発~テストまで経験し、とても充実した日々を送っています。
今回開発したシステムをお客様と検証を実施した際に、お客様から前使っていたものより使いやすいと言われ、その言葉がとてもうれしかったのを覚えています。
失敗から学んだ報連相の重要性
順調な日々ばかりではなく、失敗もありました。アプリの動作確認の為に他部署から借りたスマートフォンのOSを勝手にアップデートしてしまったのです。
OSのバージョンは、アプリの動きを検証するうえであえてアップデートしないものもあるということを後で知り、周りの皆さんに迷惑をかける結果になりました。
今まで消費者側であった考え方と、開発側の考え方はしっかり分けて持たなければいけないと痛感しました。
それからは、確認の為の報告・連絡・相談をしっかりし、チーム内からも認められるレベルになりました。
いろんな分野に興味をもって成長していきたい
今後は、データベースなど、技術的なスキルを身につけ、専門的な分野の勉強もしていきます。さらにチームには外国の人も多くいるので、今後のためにも英語力は伸ばしていきたいと思います。
これからもさまざまな事に興味を持ち、自分自身で世の中の多くの人に使ってもらえるシステム開発に挑戦していきたいと思います。
いずれは、アイデアを求められるような仕事も経験したいと考えています。

Schedule1日のスケジュール

未来を拓く力をつけよう。
採用情報をご確認いただき、エントリーをお待ちしております。

新卒採用 キャリア採用