NSW Humanware By Systemware

ソリューション・サービス

標的型攻撃メール対応訓練サービス

概要

特定の企業や個人をピンポイントで狙い、ウイルスの感染を広げる「標的型攻撃メール」。攻撃者はターゲットを入念に調査したうえで、巧妙に業務メールを装います。
”つい”攻撃メールを開封しないために何を注意すればよいか。
”うっかり”攻撃メールを開封した場合に、何をすればよいか。
本サービスでは、攻撃を模倣した訓練メールを対象者に送付し、対象者が「攻撃を経験」することで、初動対応の訓練を行います。また、訓練結果からお客様の課題を洗い出し、セキュリティ対策の次のアクションプランをご提案します。

標的型攻撃メール対応訓練サービス

訓練メール

実際の攻撃メールの事例とお客様のご要望に応じた、オリジナルの訓練メールを送付します。部門によって訓練メール内容を変えたり、送付を複数回にわけたりと、柔軟にカスタマイズできます。

訓練メール

e-learning

訓練メールを開封してしまった方向けに、標的型攻撃に関するe-learningを提供します。お客様の教育コンテンツ(パワーポイントなど)をe-learning化したり、攻撃の事例を基に、お客様とご相談しながらオリジナルの教育コンテンツを作成することも可能です。

e-learning

実施報告書

訓練結果を集計し、メールの開封状況やe-learning受講状況を報告します。また、今後はどのようにセキュリティを高めていけばいいのかなど、次のアクションプランをご提案します。

実施報告書

事例紹介

公益財団法人新国立劇場運営財団様で、訓練メール(URLリンク型)を実施いただきました。

事例紹介