ソリューション・サービス

モデルベース開発ソリューション

概要

自動車業界で急速に普及が進むモデルベース開発の導入・移行を支援します。フロントローディング手法、コード自動生成、シミュレーション検証等の適用により、高品質・短納期な開発プロセスを実現します。

NSW のモデルベース開発のメリット

◆一般的なメリット
 ・シミュレーションによる仕様の早期確定
 ・制御対象処理の分断による並行開発
 ・コード自動生成による工数削減・人的ミス低減
 ・シミュレーション検証、環境不足の解消
 ・モデル再利用による流用率向上

◆NSWによる付加価値
 ・NSW 標準設計手法に基づく開発
 ・各種オーサリングツールとの連携
 ・最適なプロセスモデルの採用
  ( イテレーション、アジャイル、コンカレント)
 ・機能安全規格、プロセス標準に準拠
 ・車載系開発における豊富なノウハウ

NSW の提供するモデルベース開発サービス

①モデルベースによる新規開発
車載機器のHMI、ECU 制御、ADAS 機能等、多様な分野でシミュレーション技術を活用した効率的な新規開発をサポート

②既存資産のモデルベースリファクタリング
既存システムを母体として各種処理をモデル化。各種ツールとの連携による構造見直し、処理分断にも対応

③導入コンサルティング
プロジェクトに最適な開発プロセスの提案や、NSW標準設計手法に基づいたモデルベース開発の導入を支援

NSW の提供するモデルベース開発サービス


活用事例

■NSW 標準設計手法

 ・属人的スタイルを脱却した、安定設計品質が目的
 ・JMMAB 策定の制御モデリングガイドラインに準拠
 ・機能安全規格(ISO26262)、Automotive-SPICE に対応
 ・車載系開発のノウハウを設計に反映

■状態遷移を可視化

状態遷移図を利用し遷移を可視化することにより、例外処理等の抜け漏れを低減し、設計品質を向上

状態遷移を可視化

■テスト工程の自動化

シミュレーターによるテスト環境確保
自動化で効率的に回帰試験、再現試験を実施

テスト工程の自動化

■GPU コンピューティングでの活用

エッジデバイスでの画像解析技術を中心にGPGPUをサポート
Deep Learning Toolboxの最新学習済みモデルにより短期間で環境構築

GPU コンピューティングでの活用1

GPU Coder により最適化されたCUDA コードを生成
CPU-GPU 間で実行するコードを自動的に解析・分割、高速化を実現

GPU コンピューティングでの活用2

※記載されている社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
 記載されているサービス/仕様は、改善のため予告なしに変更することがあります。
 このカタログの一部または全部を無断で使用、複製することはできません。

資料ダウンロード

モデルベース開発ソリューションdownload_link1_url

お問い合わせ

プロダクトソリューション事業本部 営業統括部
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町2-15
TEL:03-4335-2610 FAX:03-4335-2651
E-mail:ML-Automotive@gw.nsw.co.jp