NSW Humanware By Systemware

ソリューション・サービス

錯視誘発画像特徴強調システム「VIS(Visual illusion based-Image feature enhancement System)」

概要

ひび割れなどの画像の細かな特徴を、錯視誘発画像により判読性の向上支援を行うシステムです。
※本ソフトウエアには東京理科大学保有の特許を用いています。製品に関する問い合わせは当社にお願いします。

特徴

PCのモニタ上に表示される「元画像」を処理し結果を「処理画像」として並べて表示することで、リアルタイムに元画像と処理画像を比較検討できます。この機能により元画像上のひび割れなどの判読を、処理画像比較により判読支援を行い、迅速な検査を可能にします。さらに処理画像の表示は元画像にオーバーレイ表示することができますので遅延の無い判読支援が行われます。

特徴

■錯視誘発処理
画面上で、目視による判読が難しい細かなひび割れに、類似する細かな画像の変化を錯視誘発処理により強調し、判読性を向上します。従来の画像処理では1方向での処理が主ですが、錯視誘発合成では8方向の特徴強調画像(元画像を含めた各種画像特徴に対するエンボス処理)を合成し判読性を向上しています。

■図化処理
錯視誘発処理に、さらに離散フーリエ変換を使用して、錯視誘発画像の見え方を定量化して、リアルタイムで図化します。この処理により視認性画像として保存できます。

■画像処理のオプション
本システムでは処理画像を改善するために、従来の画像処理も併用し、さらに、画像特徴強調効果と画像判読効果を向上させることができます。

動作環境

Windows7, Windows10 32bitおよび64bit

機能

■錯視誘発画像
錯視誘発処理はひび割れの視認性を改善します。特に、細いひび割れに対してもより明瞭に判読を改善します。従来の画像特徴強調で、主に使用されているエッジ強調などと比べ、全方向または特定方向の変化点に対して明瞭さの強調を行います。
 1.全方向(回転)
 2.上下
 3.左右
 4.斜め1
 5.斜め2
 6.たすきがけ1
 7.たすきがけ2

■視認性画像
錯視誘発処理の結果を特徴量に応じて分類し図化します。ひびの場合は太さを分類し、汎用テクスチャとして着色表示します。また、特徴量は閾値を設定することで、特定の範囲のみ着色表示することができます。

■画像補正
元画像に対して画像の補正を行うことができます。
 1.色調補正
 2.ガンマ補正

■フィルタリング
錯視誘発および視認性画像に有用なフィルタ処理を行うことができます。
 1.平滑化
  ・移動平均
  ・ガウシャン
  ・メディアン
 2.画像特徴合成
  ・ラプラシアン
  ・分散
  ・プリューウィット縦
  ・プリューウィット横
  ・ソーベル縦
  ・ソーベル横

■処理方法の特徴
VISは入力画像を他のアプリケーションの表示ウィンドウから取り込みます。
例えば、Webブラウザの画面やWindowsアプリケーションのウィンドウで表示される画像に対して、リアルタイムで特徴強調・判読処理を行うことが可能です。このように既存システムと協調して利用することができます。(既存システム併用型、アイデア創出支援型)

機能

■処理画像の保存
錯視誘発画像、視認性画像、処理パラメータは保存することができます。任意の領域で切り出して保存もできます。元画像、錯視誘発動画、視認性画像をドラッグ&ドロップするだけでパワーポイントのファイルが作成できます。

応用例

  ・コンクリート構造物のひび割れ調査
  ・ひび割れ進展状況の判読・検出・図化支援
   (RC梁の曲げ・せん断試験動画など)
  ・暗所(トンネル内など)での点検支援
   (赤外線画像取り込み処理可能)
  ・各種リモートセンシング画像
  ・土木建築用途
    橋梁、橋脚、ダム堤体などの調査(離れた場所からの画像も視認できる(足場不要))
    建物・地表面変状などの調査
    飛行場滑走路の不陸調査
  ・その他用途・分野
    塗装・仕上げ面のキズ、凹凸チェック
    航空機機体の画像チェック
    X線画像、CT画像、MRI画像、超音波画像のチェック
    肌のコンディションチェック
    ガラス、宝石などの微細な傷のチェックなど

<動画>
ひび割れ検査
≪錯視誘発画像≫


≪視認性画像≫

<技術概説>
錯視誘発処理(エンボス処理)の概要
錯視誘発VIS追加機能
視認性画像の生成(図化処理)

<応用キーワード>
・錯視応用(擬似回転錯視:凹凸&テクスチャ強調、残像錯視:鮮鋭化)
・画像判読支援、画像特徴合成強調(エッジ、線構造、各種テクスチャ強調)、画質改善(鮮鋭化)
・リアルタイム処理、教師データ選定支援
・既稼働システム併用支援型、アイデア創出支援型(各種観測動画・静止画利用分野)
・対象画像(動画&静止画)
 リモートセンシングデータ:衛星マルチスペクトルデータ、ハイパースペクトルデータ、マイクロ波映像レーダデータなど。
 点検・計測画像:ドローン動画、3D動画、暗所点検動画・静止画像、顕微鏡画像、天体画像など。

資料ダウンロード

リーフレットdownload_link1_url

お問い合わせ

NSW 日本システムウエア株式会社
プロダクトソリューション事業本部 営業統括部
東京都渋谷区南平台町2-15
Tel : 03-4335-2610 Fax : 03-4335-2651
E-mail:Embedded-Info@gw.nsw.co.jp