NSW Humanware By Systemware

最新情報

NSW、WebAR作成プラットフォーム「Union AR」を提供開始

~専用アプリ不要、Webブラウザのみでユーザー体験を活性化~ 2019年10月9日

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、Webブラウザで体験可能なARコンテンツを作成するプラットフォーム「Union AR(ユニオン・エーアール)」の提供を本日より開始いたします。

「Union AR」はWebブラウザを利用して体験できるARコンテンツ(WebAR)を作成するためのプラットフォームです。AR(Augmented Reality:拡張現実)は、ゲーム等のエンタメ分野をきっかけに一般に普及してきた技術ですが、ビジネス用途では「ARコンテンツの作成ノウハウがない」「AR体験のために専用のスマートフォンアプリを用意しなければならない」といった企業側の事情から、採用はまだ限定的です。

「Union AR」は、ARに関する特別な知識やスキルがない企業でも、画面に表示された手順に従って画像や動画、テキストを配置したり、あらかじめ用意されたテンプレートを利用したりすることで簡単にARコンテンツを作成することができます。また、作成したARコンテンツはスマートフォンに搭載されている標準のWebブラウザとカメラだけで利用できるため、アプリダウンロードの手間が不要となり、ユーザーはより手軽にARを体験することが可能となります。(※)

※端末やOSのバージョンによってAR機能が利用できないものもあります。

今後NSWは、様々な業種のお客様とユーザーを繋ぐARプラットフォームとして「Union AR」を展開していくことで、ARのビジネス活用によるお客様のデジタル変革を支援してまいります。

「Union AR」の概要

20191009_unionar_1
AR体験を手軽に実現

20191009_unionar_2
WebARデモ

下記の手順で「Union AR」によるWebARが体験できます。

20191009_unionar_3
関連リンク

WebAR作成プラットフォーム「Union AR」

NSW(日本システムウエア株式会社)について

1966年創業。製造や流通など業種対応のシステム構築、ITインフラ設計・運用、自社データセンターを基盤としたクラウドサービスなどをワンストップで提供します。また、車載や通信・設備分野における組込みシステム開発とLSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かしたIoT・AI分野に注力し、IoTプラットフォーム「Toami」を軸とした各ソリューションやサービス提供により、お客様のDX・デジタル変革実現を先導する企業を目指します。


※本ニュースリリースに掲載している情報は、発表日時点のものです。
※各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先
サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
サービスソリューション事業本部
ビジネスイノベーション事業部
WEBサービス部:坂口、浅野
TEL:03-3770-0012
E-mail:ML-webservice@gw.nsw.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp